HOME > 彼岸会法要

携帯電話用QRコード

日蓮宗 大正山 蓮性院モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

彼岸会法要

彼岸会法要を3月24日(日)午後1時半より厳修いたします

 当山では下記の通り、彼岸会法要を厳修いたしますので、檀信徒の皆様におかれましては、ご出席下さいますよう御案内申し上げます。

 

日 時  平成31年3月24日(日)

午後1時30分  彼岸会法要

場 所  蓮 性 院

 

お彼岸とは、春分の日と秋分の日を中間にはさんだ前後3日ずつのそれぞれ一週間の期間のことをいいます。

 

 

私たちの煩悩に悩み苦しんでいる心の世界を「こちら側の岸=此岸(しがん)」とし、心の悩みや苦しみを乗り越えた理想的な心の世界を「かの岸(彼岸)」と呼んでいます。

 

彼岸と此岸の間には渡らねばならない川があります。それが、三毒という貪(むさぼり)・瞋(いかり)・痴(ぐち)の煩悩です。

 

お釈迦さまはこの三毒の川を渡る船として六波羅蜜の修行を説かれました。

六波羅蜜とは、次の6つの修行をいいます。

一、『布施』物でも心でも言葉でも、自分が頂いて嬉しい本当にその人のためになるものを施す。

二、『持戒』お釈迦様の定められた守るべき戒めを習慣づけていく。

三、『忍辱』苦しみにめげず慈悲心を失わず、心を安らかに落ち着ける。

四、『精進』真実の教えに従い正しい方向に向かって絶えず努力を続けていく。

五、『禅定』姿勢を正し、呼吸を整え、心を静めて安定させる。

六、『智慧』真実の道理を見極め、正しい道を歩む洞察力。

 

『彼岸会』とは、煩悩を離れて悟りの境地に至ろうとする仏教思想と、日本の伝統的な先祖供養の信仰が結びついて、 祖先の霊を供養する行事となりました。

 

 

お問い合わせはこちら