HOME > 蓮性院の縁起

携帯電話用QRコード

日蓮宗 大正山 蓮性院モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

蓮性院の縁起

明治45年(1911年) 移設開創

 当山は大正山(たいしょうざん)蓮性院と称し、明治45年(1911年)7月、芳賀町より移設開創された 日蓮宗の寺院です。

 

 本寺院は、もとは芳賀郡南高根沢村字下高根沢堀之内(現芳賀町)にありました。
開山の年代は不詳です。

 

 明治32年(1899年)に東北本線の宝積寺駅が開業したことにより、周辺の人口が急増し駅前の街並みが整うのにともない、寺院建立の必要性が高まりました。

 

 そこで、明治45年(1912年)、堂宇を現在の地である宝積寺東町に移転することが、寺院関係者(山口宏雄氏、芝沼瑞良、須藤南教、大谷甚六、野澤留次、石塚清三郎ら)により協議決定されました。

 

 大正5年(1916年)2月、塩谷郡、河内郡、那須郡、芳賀郡の有志信徒の寄付により建築竣工。

 

 昭和16年以前は、顕本法華宗に属していましたが、昭和16年(1941年)の「三派合同(さんぱごうどう)」により日蓮宗となりました。

平成27年(2015年) 新本堂建設

平成23年(2011年)3月の「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)」により、本堂を全壊。

平成27年(2015年)4月に再建し、現在に法燈を受け継いでいます。
旧本堂(東日本大震災被災直後) (撮影:平成23年3月)
現本堂 (撮影:平成27年4月)
お問い合わせはこちら